読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石志野日記。

いわしのひのき。\\ Sardina Jota

風がびうびう

吹いちょるのう。寒いのう。

 冬だし風が強いしということで、今日は洗濯物を部屋の中に干している。一番日の当たる部屋の住人は今は家を出ているのでからっぽ、そこに勿論干している。

 

 昨日の夜は漫画を読みふけっていた。ちょっと寒いのにそれすら気にならず、半分くらいいったところで零時だーと布団に入ってまた読んだ。まあ、読み終わるのは2時くらいだよねえ…。

 

 ぼんやりと情報番組を見て昼を迎えてしまったあ…。お昼何食べようかなあ…。

 

 タイトルね、びうびう、とか、そういう音を書くときって結構悩む。悩むというか、いまいち表現したい音を表現できないという…。ビュービュー、ひゅーひゅー、風の音というのはさわさわとかある気がするが、口に出してみると、びうびう、なんだよな。儂はな。難しいのう…。

 口調は決まればそれに従ってさささっとゆくのだが、音がなあ…。鳥の翼の羽ばたきだとか、川のせせらぎとか、さらさらゆかぬのだよのう…。書かないというのも手なのだが。大半は描写のみで音は書かないんだが、必要なところもあるやないですか。

 どちらにせよイメージできる限りを表してゆこう。(;^ω^)