石志野日記。

いわしのひのき。\\ Sardina Jota

弁当持参なり。

 転職先の仕事では、昼食用と、勤務時間によっては別に休憩時間がある。以前の職場は中抜けと言って、いわゆる昼休みがすっげ長いんだぜ、という特殊な職場であったため、昼休みは当然のことながら家に帰宅し自炊していた。

 しかし現在の勤務先では、表ではなく裏に周り、事務所にて昼飯となる。

 わしは、けちであるかどうかはおそらくあやしいところなのだが、節約して貯金したい、という意思は固い方なので、極力ならば、自炊して、出来合いで済ませたくはないのである。

 一人暮らしの時は自分の好きなものばかり作ってしまう、ということになるのだが、そうもいかない事案がある。実家から持って来た、野菜だ。主に困るのは、大根。毎日味噌汁にしても飽きてしまうので、明日あたり、葉物野菜などと一緒に賽の目に切ってやり、半分使わなかったササミと一緒に、コンソメ・トマトスープにしようと思う。これならば、夜食べて朝食べて、という2食分が可能だからだ。

 そう、儂はこう見えて(?)料理が好きな方である。はっはっは。料理といっても、たとえば肉じゃがといった、「確固たる名前」のある料理は、ほっとんど作らない。だいたい、名の知らぬ、ある野菜、ある調味料でのまぜこぜである。しゅふーなのだ。

 ちなみに菓子も作るときがある。

 違う、今回は弁当話だ。弁当。作っている。作るといっても、簡単そのもの。

 

 2段弁当なので、1段目:ご飯! 主に夜に炊いて詰める。朝炊いていると、炊き立てで朝食は理想だが、冷ます時間があるかないか不明なので…。ちなみに、炊いたその日にまず

  1. 弁当
  2. 当夜分
  3. 翌朝分
  4. 他はタッパー

 に全ておさめ、炊飯ジャーは洗うまでいく。

 

 2段目:おかず! ちなみに儂はご飯が小さい上の段、おかずがやや大きめの下の段。

 おかずは、ご飯を炊いている横で、作っておける分は作る! とはいえ、これは夏場はちょっと怖いので、夏場は日の出も早いし、早起きして調理かな…と考えているが、今はまだOKだろう…!

 

 定番メニュー「卵焼き」! こいつは、もちろん、夜に作る。そして皿に移し、寝る前くらいにラップ。朝は切って詰める分を詰めて、残りはまた同じラップで埃よけ。夜ごはんに回す。(当日の夜飯でもOK)卵焼きさんは、なんとも嬉しいことに、1人なのに卵3つ使って作るので、そこそこの厚さがあり、お弁当に詰めるには、2個のみ。3,4個は家での食事に回せる。そして彩にとても良い黄色。

 定番調味料:さしすせそ、の中でも、やはり砂糖+醤油は使いやすい。味も分かり切っているから、火を通そうとして入れる具材はほぼなんでもいけてしまう(儂の味覚ではw)。よって、色は、当然、茶色っぽくなる。これはしょうがない。うまいんだ。

 そうならない為に、黄色の卵焼きがとっても良い。そしてあんまり栄養学とか詳しくない(あんまりというか全く…(笑))けれども、動物性たんぱく質、であってほしい…難しいこと書くのやめよか、間違っていそうだし。

 美味しいけん! 甘めしょっぱめはそれぞれあるだろうけど、儂は甘め。

 これがほうれん草が安い時期には、ホウレンソウを買い込み、一気に茹で、切り分け、1回分に分けてラップし、冷凍! こいつをくるんでいけば…そう、お弁当の茶色っぽくなる中に、黄色と緑の2色が! 感動だよw まだこの家に来てからはほうれん草をお迎えしてないけど。

 

 1人暮らしに、ご飯さえ炊けば、ちょっとつまめるものさえあれば、食欲ないときでもええんやないか…。という自論。よって、時々、「小女子の佃煮」を買っている。スーパーの漬物コーナー付近に、昆布の佃煮とか、豆とかと一緒に置かれている、こうなご、さん。

 こいつは、弁当カップ(アルミのとかあるやん)の持っている中で一番小さい奴に、ちょっと入れる。これでOK。ご飯になにせ合うのだ。そしてうまいのだ。あまいのだ。こいつは茶色い。仕方ない。

 ただ小魚というのはあまり積極的に儂は摂らないンで、小女子さんはよく食べている。

 なので、こういう、パック詰めとか、たくあんでもなんでも、スーパーのその近辺にあるやつで1品まかなう。

 これはもちろん当日の朝に詰める。

 

 意外と小さい儂の弁当箱。もう最後になるが、炒め物が主流。

 初日と2日目はくしくも同じメニュー、キャベツ・人参・ちくわのうっすら胡椒かけた炒め物。これは、朝作る。残った分はその夜に食べる。

 今日は朝が早出だったんで無理せずコンビニで買いました(いたい出費だぜ…)

 明日の分は、本当は今日の夜ごはんと弁当、と思って作ろうとしていたけれども、夕方におかし食べてしまったんで、流れてしまったw 大豆おからから作った肉代用品、みたいな乾物を水で戻し、戻し汁+大豆肉+キャベツ+ニンジン+シメジを砂糖醤油で煮びたししてみた、やつ。ほら、名前なんてなかろう?

 これは明日の朝ご飯と、弁当。もう作ってあるので、朝レンジでチンして、詰めて、食べる。

 

 初日・2日目は、「卵焼き、小女子の佃煮、野菜炒め」

 明日は、「煮びたし(汁はいれません)、もうボイルして冷ましているウインナー、(入れば)小女子の佃煮、焼芋」

 

 焼いもだってw 笑えるw 輪切り、アルミ敷いたオーブン鉄板に並べて、190℃20分くらい。焼いただけw しかもおやつにもなるし、まあ大量には入れないから多分小女子さんが入るかな。

 明日はだからちょっと色が茶色で地味。残念。

 卵が10個入りで買って、卵焼きに、3個1回、3個1回、で使うので、残り4個。おっ、マドレーヌいくか? という考えを蹴散らし、おそらく3個1回か、炒り卵に2個1回、2個1回…かな。オムレツみたいにまるめこんでもいいけど、半熟嫌いだからあんまりオムレツにしたくないんだよね…。

 卵焼き、3個1回をして、残り1個でパウンドケーキ?

 

 なーんていうくらいには料理します。ええ。家庭的でしょ? 一人に慣れ過ぎるとなんでもしちゃうんだぜ☆

 

 事情も特殊だろうしねえ。実家でお米作ってるから、お米は欠かさずにある。最近はばあちゃんが畑やってるから、野菜も、収穫時に大量に出る。既に玉ねぎは予約済みだw キャベツ・人参・芋・大根は実家のだからなあ…。実家住まいの4か月間でどれだけ芋を食べたか…。最終的におかんが焼いも(おかんは正統派。洗った芋をちょっと水分ふき取って、同じく、アルミ敷いた鉄板に並べオーブンで数十分。これは切らないので、焼いものように形が残る)にはまって、小さめのをどんどん消費していった…お通じが良くなった…www

 そう、秋に大量に収穫した、芋。芋というのは先の戦時中の主食にもなっていたともいわれるサツマイモ。こいつは、肥料がないやせた土地の方が、できる。そう、ずぼらーな儂のばあさま。肥料なんてめったに撒かん。田を埋め立てるっていうところの土なもんだから、多少の栄養はある(前年までちゃんと稲作していたから)。撒かん。撒かんかった…。大量にできて、年末に餅と一緒に送った始末…。儂が一人暮らしなる直前に、ようやく最後の箱の底が見えてきたという…。

 

 材料費が、それほどかからんとです。作った方が安いでしょ、というよりは、部屋の中で腐っ…熟しすぎていく野菜たちを早めに消費するには、これが一番なんです。

 

 というわけで、弁当作りの生活の始まり~はじまり~♪ 夏場は怖いんだけどな…。

 

 料理する派であること。その裏側には、外食がそもそも苦手であること。出来合いの味の塩分の多さに、塩分なんてどこいった状態の実家のおかんの料理で出来上がった舌は、耐えられないのである。減塩思考である。滅多に塩は使いません。あ、でも、ホームベーカリーではちゃんと分量通り入れます。後は塩コショウで炒めものにあじつけするときくらい?

 そんなわけなのか、辛いものもきらいで、舌はいまだにおこちゃま舌なんです。辛いものはブー、無理。すると醤油や胡椒も、微量になってくる。舌はおこちゃまのままw

 聞いた話によると、刺激物でどんどん感覚がマヒしてきて…っていうらしいけどね。知らないよ。もちろん、わさび・からし・七味もだめ。七味はごく少量ならOKだが、わさびからしは、ちびっとも無理…。寿司が楽しめないのよ…。

 

 今日はまた長いこと書きましたねえ…。今日は早番だったんで、朝が早く、あがりも早い。

 明日ゆけば、日曜日はお休み! 勤務始めてから初めての休み! FOOOOOO!!!

 

 気合があれば、明日、いきなりろっぴいでチケットを買い、地元チームの某試合を、観に行きたい、という願望がある。しかし、当然ながら(笑)おひとり様である。初めての観戦が、おひとり様である。建物の場所や行き方はかろうじて分かるのだが、入場口とか…あ、流れてる人に付いて行くのもいいかもw

 ともだち作りたいです。ははっ…(´・ω・)

 

 もしくは、常々行ってみたいと思いつつ、行けていない、献血w そもそも行ってから出来るかどうかの問題があるのだがw 大型ショッピングセンターの2階にあるって分かってるんだけど、行ったことないんだよね…。そして献血バスも1回しか見たことないので…。実家の時に、骨髄バンクだっけ? できそうならそっちもなあ…よくわからないんだけど、たぶん行ったら教えてくれるかなって。ははは('ω')ノ

 

 おっしゃ。風呂入って、ゆっくりして、明日に備えて寝るべ! おやすみッス!

 たぶん弁当の写真は撮らないので、想像力で補ってください。