石志野日記。

いわしのひのき。\\ Sardina Jota

仮題

『まあくんとイサ』
を、最近よく書いている。他には、なんかどこぞの民族衣装着て皆で輪作って踊る感じの曲を作ったかな。

 早いもので、もう3度目のお給料が振り込まれたんだよ…(笑)

 最初のビジュアルイメージ(わしは絵は全くダメなんで、あくまでも脳内のぼやけたイメージなんだが)では、ちょっと顔色悪くて無口で孤独な元軍人な傭兵の、横に6~9歳くらいの女の子がいるっていうやつなんだけど、。
あ、あれだよ、ロリコンじゃないんだよ…押し掛け娘、みたいな(あながち間違っていない気もする…)
 本編のプロットの続きの場面やら展開やらが浮かんできましてね、いそいそと書いておりました。今日までに本文含むプロットで、17000字。少ないとは思うが、他のに比べると結構な…長編と比べても仕方ないか(*_*;

 まあくん、もとい真史には、よい終わりかたを見つけてあげたい…まだラストまで構想がいってない…
 あと地味によいキャラたちばかりで(設定的な意味で(笑))、是非ともルウクの幸せも…ないかな…(笑)
続編の仮題は、人形兵の娘、です(´ 3`)

 あとはテネトちゃん…もうセルは自由人だから良いにして、木黄子さん(ばばあ(笑))ももっと書きたい(^-^)

ほじゃ、ま、梅雨が短ければ良い…。明日は火星みませう(*´∀`)夜の7時半ころだそうだYO