石志野日記。

いわしのひのき。\\ Sardina Jota

勉強

 すすんで始めた勉強というものは、遅かれ早かれ、少しは楽しくなるものだと思える。はははw
 なにをかくそう英語の勉強をしているわけだが、まあ、ある程度?簡単な日常会話程度は話せるので(文法は知らないヨ)、接客業としてのフレーズだったり、あれですよね、一応、公共サービス系なんで、災害時の時とかに備えて…。
 以前はのんきに接客業だからと丁寧な言い回しとかを覚えていたんですがね、そうですよ、熊もととオオイタの地震に、続きましての梅雨の豪雨!これを豪雨といわずして何を豪雨というか!ぐらい降っていますものね。幸いにも当地は、地震もそれほどなく、雨もまあ大雨?土砂降り?警報は出たが被害はそれほど、というものだったので良かったんですけど、そうです、接客業をやっている身といたしまして、また職場に近いところに住んでいる=災害時は真っ先に呼び出される(非出勤時)ということで、備えあれば憂いなし、だろう、と、最近また勉強している。
 earthquake おそろしいですね。tsunami おそろしいものです。
 自分の語彙力upのためにも、と、英語のフレーズは大抵わかったというか、知ってるボキャブラリーでなんとか行けそうな気もしたので、ひとつ余分に、大学時代にかじった西語、スペイン語です、それもやっておこうかと。あまりいないけどね。ははは。でも某K国の人も、第一外国語はスペイン語だったっていう先輩を知っているので、もしかしたら…まあないかな。でも自分の語彙力向上のためです。ちょろっとまとめて覚えてしまおうかと。
 最近そういうわけで検索して、良さそうなサイトさんから学び、メモし、がんばっているところwww
 今日それに追加して、まあ今日の天気がそうなので、というわけもあって、悪天候時のフレーズや関連単語も覚えておこうかな…。

 そう、自発的な勉強というものは、学生時代にはなかなか、なかなかしないものです。社会人になって、①まずは仕事で頻繁に使う単語、から入り、②非常時の際に使うもの、と次第に変化していけば、気付けば語彙力も上がっている、というわけですね。そう、ちょっと楽しいんですよ。ははは
 ド田舎なので、外国から来てくださった観光客の皆さまも非常時には不安でしょうし、少しでも、まあ英語しゃべれる人は総合案内のところにもいたとは思うんですが、外国のお客様の対応ができるスタッフがいた方がいいかな、なんてwww

 以前の宿泊業、まあ旅館ですけどwwの時は、旅館での案内・観光案内の英語を勉強したので、まあチェックインとか、お部屋説明とか、料理とか…。今の職種でのフレーズ?というかまあほぼ単語で質問・回答・案内、で済んでしまうので、余計に久しぶりにスペイン語のやる気が起きているのかもwww

 

 社会人になってからの方が英語にまじめに取り組んでいるwww まあ実際に職場で使用するっていう場面があるので、っていう理由だとは思うけれども。だって学生時代ってそんなに英語使う機会がないじゃないですか、留学とかしない限り、町中で道教えてったって田舎なもんで一度たりともないですしwww

 

 さ、おべんきょしましょ、そうしましょ♪